忍者ブログ
各年代の音楽シーンとデビューしたアーティストのシングルコレクションやコンプリートBOXを紹介しています。
[258]  [255]  [247]  [244]  [243]  [161]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アーティストのデビュー○周年記念に際してボックスが発売されるというのはもう当たり前の状況になりこれまでに沢山の例を見てきましたが所属していたレコード会社に着目するとそれぞれに収録・発売形態に特徴が見られます。ここではアイドルのボックスを多数発売してきた代表的なレコード会社:3社を取り上げてみます。


■コンプリートBOXのソニー
ソニー出身のアイドルは70年代の天地真理を始めとして常にトップを飾ってきた人達が多いです。かわいい・上品・清純なイメージをもつアイドルとそれに合わせて季節を感じさせる、キラキラした感じの楽曲が多く見られます。アイドルポップスの王道を行くということでは他社の追随を許さないものがあります。そういった意味では山口百恵はソニーのアイドルの中ではイメージを考えると異色だったのではないかと個人的に思いました。
ボックスの内容を見てみるとみんなシングルからアルバムまでの全ての楽曲を収めたコンプリート形式で発売されています。全員第一線で活躍してきたことの強みや、全て手に入れたいというファンもいることからで「シングルだけ売っててみようか」みたいな躊躇する気持ち、手探り状態で反応を見てみるようなものは感じさせない潔さがあります。山口百恵、松田聖子、南野陽子に関してはスタジオ音源としてのボックスとは別にライブや映像を納めたボックスも発売しています。「そのアーティストのこういったシーン(スタジオ、ライブ、映像)に関しての全て」といった形式においての作品作りがされていると思いました。


■シングルBOXが中心のビクター
ビクター出身のアイドルもソニーと同じく錚錚たるメンバーであり70年代からトップアイドルを多数輩出してきた2トップである。改めてみてみるとバラエティーに富んでいるようにも見えるが麻丘めぐみからのものは清純なアイドルの系譜があり桜田純子は後の松田聖子に通じそうな、特にソニーにおいても活躍できそうなアイドルともいえる。その後ピンクレディーからは松本伊代、小泉今日子も含めインパクトのある奇をてらったコンセプト・イメージのアイドルというか作品を出していてこれがビクターらしさなのかとも考えさせられる。ソニーと比べると直球というよりは変化球で勝負するのがうまいレコード会社なのかもしれない。
ボックスの収録内容を見るとほとんどがシングルを中心としたものでアルバムまで全てを収めているものを売ったことがないことがわかる。シングルだけでいいというライトファンにとっては買いやすい形態なのかもしれないがアルバムまで全て欲しいと思う人にとっては中途半端に思えるのではないかと思う。実際Amazonの作品レビューにはそういった点を指摘していて評価を低くしているひとの考えを見かける。最近はピンクレディーデビュー30周年を記念してようやくアルバムボックスの発売にこぎつけたのだが初期の数枚のアルバムは収録しその後のアルバムはバラ売りを買ってくださいという形式になっている。ビクター出身のアイドルのファンにとってはもどかしい想いと共に次に発売される(かどうかはわからないが)作品を楽しみにしているのかもしれない。


■ポニーキャニオンのぼくらのベスト
ポニーキャニオン出身のアイドルは70年代はソニー、ビクターを追う立場の2・3番手アイドルが多いのだが80年代から徐々にトップアイドルを多数輩出しおニャン子クラブや工藤静香などの爆発的人気を博してレコード会社のイメージも大きくアップしてきた。ベスト盤は「Myこれ!クション」シリーズとしてシングル作品並べたジャケットに統一して売ったり、ボックス盤に付いては「ぼくらのベスト」と称し、アーティスト本人参加のもと、ファンからリクエストを募ったり、特典を多く付けたりなどレコード会社としても力を入れているというのが伺われた。特徴としては全てを1つに収めるというよりはシングル、アルバム、レア音源、初期、後期というように何度かに分割して発売しているのがわかる。ビクターのように今後はアルバムも発売されるのか?分からないような状態ではなく、一度ボックスの企画があると、アーティストとファンを含めて全ての音源を発掘・収録していくという形式である。来年デビュー20周年になる工藤静香にしても、ボックスが作られるかどうかは分からないがレコード会社の特徴を踏まえるとよいものを作ってくれるのではないかと期待が持てる。


この他にもコロムビア、ワーナー、キングレコードなどアイドルを輩出したレコード会社は多数ありますが、アイドルを扱ったことが少ない、ボックス発売がまだないなどの理由を考えるとアイドルを手がけて作品作り、そして売り出しをするにはやっぱりそれなりのノウハウが必要で時間をかけながらレコード会社としての戦略等も確立していくのだろうなと思います。


▼関連リンク

Sony Music 国内アーティスト

ビクター 国内アーティスト

ポニーキャニオン ぼくらのベスト
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
mail
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
サイトマップ

アーティスト一覧

 ・1970年代
 ・1980年代
 ・1990年代
 ・2000年代
 ・ベスト盤について
 ・ボックス盤について




アーカイブ




リンク

 ・Yahoo!ミュージック
 ・ORICON STYLE
 ・HMV JAPAN



ブログランキング

  

  


Copyright (c)ベストアルバムボックス All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Photo by Kun   Icon by ACROSS  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]